ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3D漫画備忘録キャラ編その2

■結局「GANTZ」全巻大人買い。
いや、スゲーな実際(^_^;)
どういう作業で成立してるんだろ?
2000年の時点でShadeかぁー・・。
05_5_16.jpg

■と「キャラクターをつくろう! 3DCG Magic 」 読ませていただきました。キャラを作る人には必読かも。
ある程度ポリゴンに触れた人向けだし、ソフトは選ぶものの
ポリゴンで人体を作る過程においては同じなので学ぶところ多し。
■んで、自分の最近の近況。
ネオランガ自体はメールの流れなので関係はないんですが(^_^;)
適当に作り置きの体素材をボーンで曲げようとしたら、
破綻しまくり。
「人が作ったモデルに何してくれとんじゃゴルァ!」
というぐらい壊れる。
ボーンを配置し直して、ウェイト調整をし始めたのだけれど、
これがとにかく面倒臭い。
完全にやる気が失せていく。
■皺が出来る部分を消去してボーンを組んでみたり・・・
■結局、ガンガン3Dから逃げている自分を感じる。
■苦手なトコ全部に挑戦してるのもあるからなのだけれど、
最近とみに「恥」をかくことや
「ヘタレ」を再認識することがツラクなっているのだと感じる。
うーん、、ねぇ。。(^_^;)
■得意な分野だけやってりゃ楽しいのかもしれない。
というわけで、漫画製作しようとして
あまり楽しくないのがヨクナイところ。
■ちょっと無理矢理、プリントアウトして原稿化してみようかと思ったり。
と、どんどん3Dから離れていくのでした(^_^;)
スポンサーサイト
  1. 2005/05/13(金) 20:10:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3D漫画備忘録効果編その1

■古本屋で「GANTZ」の1.2巻を買ってみた。
古本屋には無かったので「ねぎま」の8.9巻を新刊で買った。
「銃夢」のLO編は古本屋にあったけれど、これは買わなかった。
その代わりキンゲの単行本が1巻だけあったので買ってみた。
そんんなわけで、また立て続けに更新ですー。
05_5_13.jpg

■「ピキッ」とした感じの衝撃波のエフェクト。
こういうのって80年代からの流れですよね。
木城センセの銃夢のサイトにあった方法を
LWでやってみました。
テクスチャーがボケるからもっと高解像度でやらなきゃダメか?
と一瞬思いましたが、
考えてみりゃ、これはモデリング出来る形状かも。
そすりゃ、3DLTでかなりクリアなエッジは出ます。
ま、作っちゃった後で気がついたので後の祭り。
05_5_14.jpg
■爆発。
最初、ボリュームレンダリングでなんとかしようと思ったんですが、
それだとどーやってセルシェイディングするのか
ワカラナカッタので、一休庵さんのホタルの方法論で
爆発をレンダリング。
写真屋で調整。
自分で作っておいて凹む感想
「つながったタコ焼きみてぇ・・・」
これはモデリング自体はそんんなに手間はかからないんだけど、
爆発って1つとして同じものが無いわけだし、
絵の中には流れ・・というものもあるわけでー、
意外とたくさん作るか、いくつか作っておいて、
組み合わせるという方法論が必要そうだなー・・と。
それにしても、こんな複雑なグレー画像を
どうやったらトーンで二値化出来るのだろう?
いや、これだけPC時代なんだから、
きっとボタン一発でトーンに出来る方法がありますよね。
・・・と信じる。
■というわけで、ガラス飛び散る街なんてのを
試しに作ってみました。
・・なんか違うなー(ノ゚Д゚)?
05_5_15.jpg
自分のイメージとしては、も少し歪んでるだよなー・・
といろいろ考えたら「魚眼レンズ」が欲しかったんだな。
あと、ガラスは厚みをつけなきゃダメだなやっぱ。
線がゴチャゴチャし過ぎてウルサイだろうと、
わざと厚みをつけなかったんですが、裏目に出ました。
それでもゴチャゴチャした感は拭えない。
つか、ガラスの破片って透過してるもの?
それともしてない方がデフォルト?
なんか普通に読んでるマンガってスゲーなー・・・
と、作ってみて理解出来るすごさです。
うーん、一応失敗だな、今回は(´Д⊂)



  1. 2005/05/13(金) 20:06:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。