ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歩く戦車

■自分の行動の動機の三要素は
 「出来るかな?」「試してみよう」「面白そう」でして
 またまた立体更新です。
 
 まあ、ただホントこの手の記事は、自分のメモというか、
 備忘録でありまして、最近忘れっぽくなって同じ間違いを繰り返すことが多いので(汗

*****************************************************************************
 冒頭で追伸もアレなのですが、
 お気遣いいただきありがとうございます(^_^)
 プレッシャーにはならないのですが、いかんせん一人でやってるものではないですし
 忙しくなったりすると自分も停滞してしまったりするものですから
 断言は避けています。中途半端に終わった時の大人の保険ですね(笑

 フィギア関係は人様にお譲り出来るような出来ではないものの、
 納得のいくものが出来たらWFとかで300円から1000円ぐらいで売りてぇー
 という妄想があったり、譲る気満々だったりするわけなんですが、
 SCEさんの版権モノじゃん・・ということで(^_^;)
*****************************************************************************

06_05_pl1.jpg


■今回やってみたかったことは
 ※リベット打ち
 ※デカールのベース色合わせ
 ※透明プラ板の使用
 ※小さいプーレ

 リベットというのは戦車などに打たれている釘ですが、
 プラモデルの定番の技法として、プラ棒を線香で溶かして打ち込みます。
 透明のプラ板というのはプルミエの羽根に使っているんですが、
 プラの上にデカールを貼って"抜き"が出来るかな?と。
 小さいプーレは、サイズ的な問題で、
 以前作ったプーレのサイズだと、ガンナーマシンが大きくなりすぎるのが理由ですね。
 (ただでさえフィギアとかって置く場所がないのでー(^_^;))

■さてさて、軍事兵器ということで、塗装にはMrカラーの
 「オリーブドラブ2(アメリカ戦車色)」を使っているんですが、
 ホワイトのデカールでこの機体に合うデカールをデザインするとき、
 インクジェットプリンタで「オリーブドラブ」の地色を発色しなければイケマセン。
 (ちなみにプーレの顔も肌色を地色にします)
 肌色はある程度綺麗に出るのですが、
 オリーブドラブが難しい。
 Mrカラーのサイトに行き、色見本をとって写真屋上で色調合をしてみたりするわけなんですが、
 CRTでの表示上の色と、プリンタの色と、塗装上の発色と、
 全然合わない(´Д⊂)
 「もーいいや、俺DTP関係の人間じゃないし」と投げました(笑

■塗装は苦手っすねー。
 モノが小さいので部屋を散らかすことはないのですが、
 小さいので筆塗りすると塗装ムラが目立つのがツライ。
 コンプレッサーは憧れるんですけどね、
 何より、あの機械機械したデザインがカッコイイ(^_^;)
 しかし、あまり使わないものに3.4万円出すのもなー。
 
■3DCGでテクスチャーを貼っていると夢想してしまのが、
 塗装自身も全てデカールになってたら・・・
 と思うんですが、実はデカールを貼るのも大変だと(笑
 
■ラッカー系塗料は乾燥は速くて、塗膜も強いんですが、
 筆塗りだと重ね塗りに気を使ったり、アクリル系がベースだと溶けたりで
 頭を使いながら塗装計画を練らねばならず、
 水溶性アクリルは使い勝手は良いんですが、
 乾燥が遅いし、いつまで経っても塗膜が柔らかくて指紋がついたりで
 なかなかどちらが良いとも言えません。
06_05_pl2.jpg


■水溶性アクリルにシンナーを数滴垂らして使うと乾燥が速いというのを読んで
 試してみたんですが、乾燥自体は速まったものの、塗膜の問題は解決出来ずですなー。

■※箱に乾燥剤を入れて、PCファンあたりをつけたら乾燥機になるのかしらん?
 と夢想していたら
 ※真空タッパにチューブつけたらレジン用の脱泡機になるのかしらん?
 とか
 ※細かい砂と原型をシェイカーでシェイクしたら、研磨機になるのかしらん?
 とかいろいろ妄想が膨らんだので備忘録。

■それにしても今回も"神の機械-リューター"でスピーディに平面を出したり、 
 大雑把な削り出しをしてるんですが、
 100円ショップで"刃"が買えるんですねー(゜o゜)
 その他にも100円ショップは素材の宝庫ですし、
 道具も消耗品は結構手に入る。
 2chの模型板でも"100円ショップスレ"は、結構面白いし。

 道具というのは、実は高いのは高いなりに理由があるものなので
 一概に全て100円で賄えるとは思えないのですが、
 使える道具と使えない道具の選定は出来る・・・というか、
 だって某クスや東急ハンズで道具買おうとすると高いですもんねー、
 ヤスリ一本で1500円とか、それで使い勝手が悪いものもあったりしますし・・。

■それにしても食玩レベルの大きさの原型を作っていると
 自分の技術の低さを思い知るわけなんですが、
 (ディテールなんかは作る方法すら思い浮かばない)
 出来ることと出来ないことは理解出来て面白いですね。

 「素材と機械に任せられる所は任せた方が綺麗に仕上がる」

 というのは鉄則なのでして、
 だとしたらやはり3Dプロッタは有意義な機械なのか?
 という興味は相変わらず尽きず。
 でも、見たところガレキ界がMODELAでドラスティックな構造革命が起こったとも
 思えないですし、確かに、マイナーな技術が二つ必要なものだからかなー?
 とか。

■さてさて、次に苦手な人体フィギア(ファム)と、
 アブニールを作ってみようかにゃと思ったりもしてたんですが、
 少しお腹いっぱいになったので、部屋の掃除でもしようかと思います。
 夜中にリューターで削ったりするんで、
 部屋中粉だらけになったりしてるんですよねー(´Д⊂)
スポンサーサイト
  1. 2006/05/22(月) 23:47:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。