ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あこぎ

ov1.jpg

■ここ一週間、ギター3Dのモデリングに熱中しているので、
 自分の時間はPC作業なんですが、
 机の横にはアコギ(アコースティックギター)をおいてます。 
 ラジオシティのレンダリング(と言っても10分程度ですが)には
 ポロポロとFF3のオープニングテーマを弾いたりしています。
 電源を入れずに手っ取り早く弾けるのはアコギが一番です。
 その代わり、机や椅子などにブツケまくるので
 結構表面はボコボコです(汗d1.jpg

■僕の持ってるアコギは、中学生の頃始めて買った
 2万円程度の「CatsEye300」というギターと、
 大学の時に買ったモーリスのエレアコなのですが、
 今 弦を張って使ってるのはキャッツアイです。
 ちょうど、見た目はこんな感じですね。od1.jpg

■今回モデリングしたのは、黒い方がオベイション、
 木質の方がマーティンのD-45ですが、
 どっちも高すぎて手が出ない
 (オベイションは随分こなれてきましたが)
 憧れのギターです。
 
■でもなぁー、キャッツアイも結構良い音が出るですよ(笑
od2.jpg
■アコギ自身は、木製の弦楽器なので
 目立ったギミックはありません。
 弦の高さの調整もオクターブ調整もテンションの調整も出来ません。
 好みに合わせて改造しようとすると、
 「削る」ぐらいしかありません。

 もちろん、木工職人ではないのでそんなことはしないですが、
 そうすると、もうホント楽器はアタリ外れになっちゃうわけです。

■んで、ストラディバリウスほどではありませんが、
 アコギも質の良いものは値段がウナギ上りになっていくわけです。
 投資目的にギターを買う人も現れて 
 最近はアコギもエレキもビンテージはデタラメな相場だそうです。
 
 そういうのって、バカバカしいなって個人的には思います。
 ジミヘンが壊したギターが1000万とか、バッカじゃねえの?
ゴミを大枚ハタイテ買うのかよ。
 とまあ、他人の金の使い方に文句を言うつもりは無いんですけど、
 ギターの値段が上がるのは嫌だなあ・・と。 
od3.jpg
■まあ、それはそれとして、
 オベイションは、特徴的な装飾をモデリングで作ってみました。
 色はあまり見たことの無い、グレイのバーストにしてみました。
 マーティンもどきは、WEBで拾ったDのテンプレートを元に、
 自分のキャッツアイを見ながら作りました。
 キャッツアイ自体は、Dよりもウエストのくびれがキツイのを
 今回発見しました。
 
■アコギって、デザイン的にはあまり興味がなかったんですが、
 モデリングしてみると、結構魅力的なんだなーと思います。
 3DCGのモデリングって、
 実は工業製品の擬似製作なので、ちょっとだけ職人さんの気持が解ります。
 
 シンプルな楽器って、奥が深そうで、
 職人としてはハマったら人生費やしそうですよねー(^_^)
  
スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 00:29:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

どらとざく

dora1.jpg
■スミマセンね、まだまだ続きますよ(^_^;)
 本日はドラとザクです。

 「のび太くん、またいじめられたのかい キュイーン」
 「こいつ、動くぞ キュイーン」

 てな感じです。

zaku1.jpg
■「何だよ、ソレ」と思われるかもしれませんが、
 この二つのギターは現実に存在します。
 検索してみると解ると思いますが、
 結構なお値段もします。
 
 しかし、どちらもメディアで見たことはありません。
 さすがキワモノ(笑
DZ2.jpg
■ドラちゃんは売れ行きが良いそうなので、
 宴会などで活躍してるんでしょうか?
 
 世の中のガノタは、家でヒートホークを弾いてるんでしょうか?

■実は白いのが持つビームライフル型もあるんですが、
 さすがに根性がなくて作りませんでした。
DZ3.jpg
■つかね、こうなると、もうギターなんて
 「どんなカタチでもいいんかい?」
 という気分になりますが、

 そーなんです。
 実はエレキって、理論的にはどんなカタチでもいいんですよね(笑
 だって電磁石(ピックアップ)で弦の振動を電気信号に
 変えてるだけですからね。
 (もちろん、音というのはそんなに単純なもんでもないですけど)
DZ4.jpg
■モデリングしてみて驚くのは、
 意外とドラちゃんが大きそうなことですね。
 大須のESPで一度見たことがありますが、
 ふざけたイメージしかなくて・・・(^_^;)

 あと、見慣れないギターなので、
 ラジオシティでレンダリングすると、
 ほんと写真みたいに見えるのが自分でも意外です。

■それにしても、作ったは良いが、
 使いまわしのきかないモデリングデータですね(^_^;)
 
  

  1. 2006/11/29(水) 00:41:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

えくすとぶい

EX1.jpg
■エクスプローラーと言うと、
 ヘビメタ、ハードロックという連想をしちゃうんですが、
 1958年から続く、由緒正しきブルースギターなのだそうです。
 発売当初は家が一軒買えるほどの値段だったそうなので、
 今の日本の感覚で換算すると
 3000万から4000万ってとこでしょうか?
 (当時のアメリカで家がそんなに物価的に高いとも思えないケド)

 買わね~な、絶対。
 重そうだし、何より安定が悪そうです(^_^)
FV1.jpg
■フライングブイと言えば、
 マイケルシェンカーか、リリー・フランキーです。

 なぜ、安めぐみとのデュエットで
 フライングブイなんだ、リリー!

 フライングブイは、一度友達のを弾かせてもらったことが
 ありますけど、
 あれも座って弾けるギターじゃないすね(笑
 音は悪くなかった気がします。
 まあ、ディストーションぎちぎちのセッティングで弾いてたので
 音もへったくれも無いんですが(^_^;)

EF1.jpg
■こうして考えると、
 たしかにG社のギターのデザインは個性的ですね。
 あたりはずれは多いんですが、
 アタレば大きいちゅーことかもです。

 んでハンバッカー好きの僕にとっては、
 この辺のデザインは好きですねー。
EF2.jpg
■モデリングに関しては、難しいRも存在せず、
 Vなんて左右対称なので、ほとんど苦労しなかったので、
 ペインティングで遊んでみました。

 「和柄のギターは見たことないぜ」
 とVに塗ってみたところ、
 実に落ち着きのない風貌になっちゃいましたね(笑

EF3.jpg
■外人のアーティストが、
 お土産品として買ってきそうな感じになっちゃいましたが、
 結構自分的にはお気に入りです。

 やっぱ気軽にギターをペイントできるのは
 3DCGの醍醐味すね。
  1. 2006/11/28(火) 01:05:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さんさんご

ES1.jpg
■中学生の頃、上の高校の文化祭で
 "マジョルカ"というバンドが演奏をしていました。
 曲目は、CASIOPEAのSWEARや和田アキラバンド、
 それにスクェアのマジックなど、
 
 ディストーションギターのハードロックやヘビメタで
 凄い早弾きを披露する先輩達は多かったのですが、
 "その先輩"はクリーントーンのまま、
 高校生とは思えない正確なジャズ系の早弾きを奏でていました。

 もうその姿は"ため息"というか、
 会場全体が息を呑むように、静まりかえって彼の指先を追い、
 僕は背筋の奥が沈み込むような思いで
 そのステージを見つめていました。
ES2.jpg
■その先輩は、その後大学に通いながら
 スタジオミュージシャンもしていたという噂を聞きました。
 そして、その彼ん゛持っていたのがこのギター、
 いや、正確には彼の担いでいたのはYAMAHAのSASなのですが、
 タイプとして有名なのは
 この335です。

■335というと、BBキングのルーシーだったり、
 ラリーカルトンのような気もするんですが、

 スタジオミュージシャンの人はとりあえず一台は持ってるそうです。
 理由は「わからない現場のときにオールマイティにこなせるから」
 ということだそうです。
 ハードロックからジャズまで、
 そういえば、NHKの「のど自慢」の楽団の人も335だったりします(笑
ES3.jpg
■そんなわけで、僕にとって335タイプは
 "上手い奴の持つギター"という格付けになっています。
 このギターを持ってステージに出てきたら
 それなりに弾けないと許されないぞ・・みたいな(^_^)

 僕が中坊だった24年前、先輩が持っていたSASだって
 15万から20万はしたはずで、
 生半可な覚悟では買えなかったはずです。

■しかし、時代は変わるもんで 今や 中国製や台湾製の
 335タイプが2万円代からあったりして、
 簡単に手は届くんですが、
 やはり恐れ多くて買う気にはなれません(^_^;)
ES4.jpg
■CGに関しては、あまり335では見かけない色にしようと思ったら
 見事に失敗して下品な色になっちゃいました(汗
 Fホールもつけて、箱の中空構造にしてるんですが、
 ライトの設定が上手くいかず、
 レンダリングに失敗してます。
 
 「おまえにゃ、まだまだセミアコは無理なんだよ」

 と神様に言われてるような気がします。
 もっと精進しなきゃ(^_^;) 
  1. 2006/11/27(月) 16:29:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

れすぽ

LP1.jpg

■ギターに飽きた皆さんこんばんわ、
 ギターはまだまだ続きます(^_^)

■本日はレスポです。
 ギターの造形美はよく女性の身体に喩えられるんですが、
 僕が一番好きなデザインがこのレスポです。
 
 ストラトも滑らかなラインを描いた形をしてるんですが、
 持ってみると、意外にゴツイ感じがします。
 「ん? なんか肩幅広いし、大味だなぁ・・」
 てな感じで、外人の女抱いてるような気になりますが、
 その点、レスポールは華奢な
 落ち着いた抱き心地がします。

 必要最小限のシンプルな機能美という点も良いかもです。
LP2.jpg

LP3.jpg

LP4.jpg
■というわけで、今一番欲しいレスポール・スタジオを
 調子に乗ってたくさんレンダリングしてしまいました(^_^;)
 本家のギブソンでなくて、3万円のエピフォンで良いんですが、
 ZO-3よりも安いギターを、しかも眺める目的だけのために
 買うのもなんだかなー・・・という理由で我慢してます(笑
 
 それにしても、良いデザインだなぁ・・。


LP5.jpg
■ちなみに、このギター、
 バイオリンと同じく 前面に柔らかな膨らみがあります。
 実はこの手のモデリングがすごく頭を悩ませてくれます。
 
 結構苦労してモデリングしたのですが、
 レンダリングにはあまり反映されてませんね(^_^;)


  1. 2006/11/26(日) 00:15:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

じゃずべ

jb1.jpg

■F社のジャズベです。
 なんでジャズベースなんだろうか?
 と検索してみたんですが、出ませんでした。
 たぶん、単なる商標なんでしょーね(^_^)
jb2.jpg


■ぷれべと違うのは、ボディとピックアップだけです。
 いや、まあ、細かいノブなどの違いもあるんですが、
 基本的なパーツの使い回しが出来ます。

 つか、この手のものは3DCG的に、
 パーツの使いまわしが出来るようになって来るにしたがって
 生産力が向上してきます。
 実は、現時点で、

 レスポ・サンサンゴ・エクスプ・フライブイの
 G社4機種が出来ちゃってます。
 スピードだけが自慢です。

■そのかわり
 他の事がまるで手につかないわけですが(^_^;)

jb3.jpg

■なんでジャズベーというのかはワカリマセンが、
 お洒落なバーの生演奏などで、
 渋いオジサンが、このベースを抱えて4ビートを
 奏でていたりすると
 「オオーッ」 となんだか感慨深いものがあります。

 なんて言うか、 
 "あるべきものが、ソコにある"
 というような、落ち着いた感覚です。

■あとはジャコパスかなぁ?
 ジャズベは"縁の下の力持ち"って感じで
 派手なイメージはないけど、無くてはならないカッコヨサ・・
 を感じるんですけど(^_^) 
  1. 2006/11/25(土) 00:31:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぷれべ

pb1.jpg

■ハルヒのバンドで使われているのは
 "フェンダー"ではないのですが、
 汎用性ということを考えて
 F社のプレベにしました。
 なんだかんだ言ってこのタイプのF社のヘッドは
 良いデザインなんですよね、
 エレキって感じでカッコイイです(^_^)

■僕は個人的には、プレベ(プレジションペース)よりも
 次にアップするジャズベ(ジャズベース)の方が好きなんですが、
 「ロックはプレベだ!」という人は多いです。

 確かに音はジャズベよりも太い感じがします。
pb2.jpg
■それにしても、
 F社のロングスケールはでかいです。
 最近僕が買った人生初のベースはミディアムスケールなのですが、
 それでも結構ボリュームがあるのに
 (ZO-3が小さいというのもあるんですが(^_^;))
 
 ロングスケールを華奢な女の子が持つと、
 ベースに振り回されるんじゃないかと思うわけですが、
 まあ、そこが絵的にはカッコイイのかも。

■モデリングとしては難しいことはないです。
 右肘と腰が接するカットウェイの部分は
 神経を使いますが、
 そこと、
 ペグのギアにポリゴンを使いすぎるのを除けば、
 楽しく、気持ちよくモデリング出来ます。
 (あ、ヘッドとネックの繋ぎ目は嫌だったなぁ・・・)

pb3.jpg

■ピックカバー(って言うのかな?)も付けてません。
 アレつけるとせっかく作ったピックアップが
 見えなくなっちゃいますしねー。

 描くのが大変なアニメと、
 3DCGが違うとこはソコですね、
 アニメは描くのが単純な方が能率が上がりますけど、
 3DCGは作ったディテールを見せびらかして
 しまいたくなります(^_^

■それにしても、
 この色は良い色だなぁー、
 この色のボディーにメイプルのネックって、
 絶対に買わないんだけど、
 まあ、作って見てる分には良いものです。
  1. 2006/11/24(金) 00:16:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぎぶそんえすじぃ

gbsg1.jpg

■三ヶ月ぶりにモデラーに触って、
 使い方忘れてるかも・・と思いましたが、
 指がショートカットを覚えてました(^_^)
 というわけで、リハビリギターまだまだ続きます。

■その昔米国のギターメーカーG社は、
 "エレキギター事件"という訴訟を起こしておりまして、
 まあ、G社は負けてるわけですが(笑
 そういう意味も含めて、ロゴのテクスチャーは
 あえて貼りませんでした。

 つか、モデルガンでも似たような意匠権の裁判は
 あるんですが、実用品の意匠の独占の主張は難しいと
 思うんですけどね。
 ただし、ロゴや刻印はダメです。
 あと、露骨なパクリや海賊品たダメですね。
 (某アニメの隠しには、このロゴが確認出来るらしいですが)

gbsg2.jpg

■そんな嫌な話はともかくとして
 "えすじぃ"です。ハルヒのバンドで、
 魔女姿の女の子が弾いてるギターです。

 実を言うと、僕このギターあまり好きではありません(^_^;)
 なんか、カッコワルクないですか?
 しかし、最近このギター売れてるらしいですねー。
 最近のアニメの力というのは凄いかも。

 ただ、こいつは意外と中低域の効いたライトで
 締まった良い音がするらしいです。
 軽そうだしね。

 今回始めて知ったんですが、
 こいつは"れすぽーる"の後継機種という話で、
 なんで"れすぽ"の次のカタチがコレなの?
 と、G社のデザイナーの感覚を疑わざるをえません。
 やっぱ、アメリカ人って変だな。

gbsg3.jpg

■モデリング的には、特徴的なカットウェイがイヤラシイです。
 木材の面落しと、カットウェイの流れをポリゴンで
 どう処理しようかとポリゴン貼りながら嫌な気分になりました(笑
 こういうのは、Shadeの自由曲面なんかが良いかもですね。
 それ以外はなんてこたぁアリマセン、
 簡単簡単・・・とタカを括ってレンダリングしたら、
 "モンディアル"と同様、ブリッジに角度をつけるのを忘れました(´Д⊂)
 
■・・にしても、やっぱりこの左右非対称の蝙蝠みたいな
 デザインはやっぱカッコワルイよなぁ・・。
 
 なんで、このギターに良い印象がないのだろう?
 と考えていて思い当たったんですが、
 AC/DCというバンドのアンガスヤングというギタリストが、
 使っていたからだと思い当たりました。
 この半ズボンを穿いたオーストラリア人は、
 ステージの最中にお尻を出してギターソロを弾きます。

 その結果、僕は"えすじぃ"を見ると、
 毛の生えたオーストラリア人のお尻を
 連想するようになってしまったのでありました。

 米国G社も、意匠権で裁判してるより、
 自社のイメージ侵害でアンガスヤングを訴えた方が
 良いと思うよ(^_^)

  1. 2006/11/21(火) 20:19:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もんでぃある

mondi1.jpg

■実はどうせWFで人様にフィギアを並べるなら
 ギターを作りたいにゃー・・。
 と思ってたんですが
 ギター自体は、ネックやペグやら、
 細かいパーツが多くて、
 個人の流し抜きだと限界があるにゃー・・・。
 と思っていました。

 小さすぎて色塗るのメンド臭いしネ(^_^;)

■なんて考えてたら、
 メデァファクトリーから
 「BECK Guitar Collection」
 なんて300円のギターフィギアが出まして、
 http://harrisonsimmons.blog4.fc2.com/blog-entry-1126.html

 ああ、これでいいじゃん(´Д⊂)
 と作る意欲が消失したものの、
 コレが1/12サイズのフィギアに
 持たせるには少し大きいし、
 ジャズベも無いしなー
mondi2.jpg

■というわけで、
 ギターやベースのフリーデータをWEBで探したら
 いつのまにか減ってました。

 と言うか、
 「以前、無償で配布されていたデータが有償になっている」

 「いつのまにか"楽器の森"なんてShadeのデータが出てるけど
  あいかわらず、そんな感じのラインナップかい?」
 と思ってしまった。

■そりゃさ、自分で作るのが一番良いのだろうけど、
 時間ないし、メンド臭いんだもん(^_^;)

mondi4.jpg

■と言っても、探しても無いものは無いので、
 久しぶりに自分で作ることにしました。

 最近有名になってきたギター
 "もんでぃある・くらっしっく"です。
 
 イタリアのデザインなのか、
 スケベなRが作るのには面倒臭いです。
 こいつは、有名な出来の良いフィギアがあるので、
 立体に起こす気はあまり無いのですが、
 
 作ってみたかったので作りました。

 教訓 「アップにするならRにポリゴンをケチるな」

mondi5.jpg

■双葉にアップしようと思いましたが、
 叩かれて鬱になるのも嫌だったのでやめました(^_^)
 実物見たこと無いんで、肉厚がよくワカラナイし、
 なんていうか、雰囲気が間違っているかもしれません。

■にしても、LWってラジオシティで
 金属反射ってどーやるんでしょうか?
 ふにゃふにゃ(ー_ーゞ
  1. 2006/11/19(日) 19:43:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。