ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くりすます

XM1.jpg
■11月の後半から熱病のように続けてきたギターですが
 これで最後です。
XM2.jpg
■まあ、最後と言いましても、またやるかもしれません。
 というか、架空のデザインをモデリングしてて、
 
 「やはり3DCGは面白いな」というのを再認識しました(^_^)

 企業のカーモデリングや、模型の世界ではもう常識ですが、
 自分の思いついたデザインを、フォトリアルに人に伝えることが
 出来るというのは魅力的なメディアです。

■正直言って、美少女やアニメを作ろうとして
 ちょっと疲れちゃった感のある最近の3DCGですが、
 "ようつべ"もあることだし、
 気楽に楽しんでレンダリングするのが吉じゃないかと個人的に思います。
XM3.jpg
■さてさて、ギターの方はいわゆる"プリントギター"です。
 前に出た"ドラえもん"と一緒ですね。
 
 ブリントする絵を美少女にしたら
 "萌えギター"とか"hentaiギター"とかも可能ですね。
 バンドアニメの販促には良いかも。 

 立体で考えれば、オランダ妻ギターとかも想像出来ますが、
 今年最後のネタとして、綺麗に纏めようと思いました(笑

■クリスマスギターはもっと電飾を埋め込んだり
 派手な演出も考えられそうなんですが、
 ヨーロッパやアメリカあたりにはもっと良い
 クリスマスギターが現実に存在してそうなので
 普通にまとめました。

■まあ、そんなわけで
 ちょっと早いですが、メリークリスマス、
 そして 良いお年をお迎え下さい(^_^)
 でわでわ    
capo1.jpg

■PS 最近「ソロギターのしらべ」というスコアを買いまして
 DropDチューニングでアコギを弾いたりするんですが、
 こんなカポがあったら便利かも。。とモデリングしました。
 2フレットにつけたら自然とDropDになったりするわけなんですが、
 ・・・んー、でも2フレットちゅーのが中途半端なので、
 あんまり便利じゃないかにゃ?
スポンサーサイト
  1. 2006/12/13(水) 00:36:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ねこあし

NE1.jpg

■オリジナル第五弾です。NE2.jpg
■伝統的な椅子のデザインに"猫足"というモノがあります。
 まあ、古い木製の椅子によくある
 クルッとRを描いたデザインのことです。
 
 これをモチーフにギターのデザインに出来ないかなー?
 と思ったら、
 バイオリンのヘッドは、猫足だったことに気がつきました。

■以前、Fレスをみすみさんに
 「バイオリンみたいなギターですねー」
 言われたので、いっそのことバイオリンみたいなギターを
 デザインしてみようと、
 お仕事でデザインしたバイオリンのモデルをもとに
 ほとんどバイオリンシェイプでモデリングしてみました(^_^)

■レンダリングしてみて思いましたが、
 僕はこういうデザインが好きみたいです(笑

NE3.jpg
■最近、自作でギターを作っている方のサイトをよく見ているのですが、
 いや、実は、結構過激なデザインが現実化していたりして、
 自分は3DCGという安全な立場から
 言いたいこと言ってるんだなぁ・・と少し恥ずかしくなったり(^_^;)

■いやまあ、なにより、
 3DCGだって、全然修行が足りないのに、
 こんなことをしていて良いのだろうか?と思いつつも、
 そして、調べれば調べるほど
 まだまだ、モデリングに関しての前調査がダメダメだなぁ。。
 ということを痛感してみたり。
 
 ま、プログというのは、
 人生の過程を脆いデジタルのログに晒すという媒体だと
 言い訳をしてみて、
 お茶を濁してみたりして(笑
     
  1. 2006/12/11(月) 23:59:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まる

MR1.jpg
■もうすぐギターもネタ切れだぜベイベ!

■というわけで正々堂々オリジナル第四弾です。
 
MR2.jpg
■ギターを椅子に喩えるならば
 これは"モダンデザイン"というべきでしょうか。
 "丸"をモチーフにしてみました。
 機能的な必然性はまったくありません。
 でも、結構お気に入り。

■ヘッドは破綻してるんですが、
 ボディの方は、意外と良い音がなるんじゃないかという気がします。
 ハイポジションは弾きやすそうだし
 ちょっとお洒落系のギタリストなら
 買ってくれそうな気がします。
MR3.jpg
■というわけで。今本当のギターが作りたくて
 自作ギターのサイトさんを廻って見たり、
 DIYショップに、木材加工用の工具などを見に行ったんですが、
 いや、とんでもなく金かかるな(^_^;)

■つか、パーツ代の方が廉価なギターを買うより
 高くついてしまうことが判明。

■それより何より、
 身体は一つなのでギターがたくさんあっても弾けないし、
 置く場所もないわけで、
 うーん。。。それでも作ってみてぇ・・・
 あ、そうだ、ネットオークションで売ればいーんじゃねえか?
 と思ったんですが、

 「WEBで素人の作ったギター買う奴いねぇよ」

 と妹に言われて、我に帰った今日この頃です(-_-;) 
  1. 2006/12/11(月) 00:10:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しんぷる

SI1.jpg

■ぎたーはあと4本程でネタ切れます、
 あと4日ご辛抱下さい(^_^)

■というわけで正々堂々オリジナル第三弾です。
SI2.jpg
■ギターは家具に喩えるならば"椅子"じゃないかと思います。
 ギターを椅子と考えると、
 デザインの方向性も幾つかのパターンが見えてくると思うわけです。
SI3.jpg
■大まかに3つ、"機能性""デザイン性""伝統装飾性"
 んで、これは"機能性"という意味合いのギターです。

■ネックとボディは最小限に、
 ペグはボディ側に配置して、
 コントロールもジャックもボディ表面から排除します。
 
 そして、"足で固定する部位"
 "ストラップピンを配置する部位"
 "右手を置く部位"をボルト止めで、装着できるようにします。
SI4.jpg
■音は良くないんだろうなー(^_^;)
 でも、ギターデザインの一つの方向性としては
 アリなんじゃないかと自画自賛しておきます。

 つか、最近のギターは高いものは高すぎるし、
 安いものは安いし、
 それにしては、冒険的なデザインをあまり見かけないなー。。
 と淋しい想いをしてるので(^_^;)
     
  1. 2006/12/09(土) 00:31:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あこぞー

AZ1.jpg

■エレアコは存在するんですが、
 フルアコは無いゾーサンです。
 というわけで作ってみました。 AZ2.jpg
■アコースティックギターは薄い木材で
 カタチ作られています。
 だから強度的にこのカタチは難しいのかもしれません。
 
■もしくは、フェルナンデスというメーカーさんが
 フルアコは作らないという経営方針なのかもしれません。
 つか、企画的に
 フルアコのゾーサンが売れるかどうかというのは
 難しいかもしれません■それよりなにより
 赤いLEDがついてないと
 ゾーサンの目がなくなっちゃうので
 デザイン的に許されないのかもしれません(^_^)

■いろいろ考えるんですが、
 観光地の「そば道場」みたいに、
 自分でギター作れる道場があったらいいなーと思いました。
 
 ま、あったらいいなーギターということで(^_^;)  


AZ3.jpg

  1. 2006/12/08(金) 00:33:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えば

SH1.jpg
■これもオリジナルデザインじゃないっすね(^_^;)
SH2.jpg
■つか、ホントは"日本のアニメロボ風"デザインという
 モチーフでポジトロ○ライフルをベースに
 モデリングするつもりだったんですが、
 ネット漁っても資料が無いし、
 面倒臭くなったので、
 このデザインにしました。 

■いやあー、
 このデザインだったら著作権で告訴されても
 引き分けそうな気がしませんか?
 
 「これは子供の落書きである」
 「このデザインは、とある安産祈願のお札を参考にしたものである」

 とか主張しちゃったり。
 いえ、嘘です、ファンアートです(^_^;)
SH3.jpg
■いくつかギターは持ってるものの、
 現実のギターの作成に関しては原理を知らないので、
 ネックからブリッジまでこんなに長くて、
 チューニングやピッチが成立するのかワカリマセンし、
 何より、材質が木材だと強度的にキツイと思いますが、
 (すぐ壊れちゃうと思うです)

 インパクトだけは強いですよね(笑

■そもそも10年以上前のアニメの
 やられキャラのギターをどれだけの人が購入するのか?
というか、エヴァを知らなかったら、
 ただの不思議なエジプティアンアートのような気が・・・
  1. 2006/12/07(木) 00:26:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さーふぃん

SU1.jpg

■えーと。これはオリジナルデザインではありません。
 高中正義大先生のギターです。
 「あ、これを作り忘れてた!」という感じで作りました。

■最近見た中でもっともおバカなギターです(もちろん褒め言葉) SU2.jpg
■高中御大のライブのDVDでは、
 彼がこのギターを弾くんですが、
 ドリフターズの志村ケンよろしく
 「高中 危ない!」「高中 うしろうしろ!」
 という感じで見ててハラハラします。

 つか、
 そんなバカデカイギター振り回して
 他のメンバーら迷惑かけるな高中(笑
 ショートボードでも160cm以上あるだろ。

■実物のサーフィンギターは淡い紫に 
 高中ロゴの散りばめられたペイントなのですが、
 それだとツマンナイので、テクスチャーはラッ○ンにしました。
 おかげでベタなボードになりました、著作権はゴホゴホ・・・

■DVDで実物を見直したら、ボディの構成がちょっとちがいますね(^_^;) 

SU3.jpg
■それにしても、
 何にでもギターを組み込んでOKだったら、
 自動車ギターや、飛行機ギターも出来そうな気がします。
 ステージに乗らないし、運転手かパイロットがいないと、
 動けないわけですが。。。(^_^)
  1. 2006/12/06(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ふぁみこん

FC1.jpg

■まだまだいくぜぃ!ジャジャーン!

■えとファミコンギターさんというサイトがありまして、
 ゲームの音楽をギターで演奏する
 というサイトさんなわけですが、FC2.jpg
■ファミコン型のギターってあるのかな?
 とモデリングしてみました。
 つか、そのまんま。

■ギターをモデリングしたと言うよりも
 ただファミコンをモデリングしただけとなりました(^_^;)

■これはたぶん弾き難いな(笑
FC3.jpg
■それにしても最近のゲーム機に比べると
 キャラが立ってて良いデサインすね。
 お洒落なのは仕方ないと思うんですが、
 最近のゲーム機は、ロゴでしか存在をアピール出来ないのは
 少し悲しいと思います。
 この頃の"ふぁみこん"は、
 「おもちゃだよっ!」という潔い感じが前面に出ていて
 良いです。
 ・・・いや、あの頃はこれがお洒落な家電のイメージだったのかも(-_-)

■ま、それはそれとして、
 たぶんこんなギターは存在しないと思うので、
 オリジナル第三弾・・と言いたいのですが、
 デザイン権はおそらく任天堂さんにあると思うので、
 
 あくまでファンアートということで(^_^)
  1. 2006/12/05(火) 00:19:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まんご

ma1.jpg
■オリジナル第二弾・・・
 というほど大袈裟なもんじゃないですが、
ma2.jpg
■ギターの記号として、ボディはある程度"平坦"で
 というものがあります。
 人が持つものですし、木材を加工するものなので、
 あまり極端な立体には出来ません。

■なんか果物みたいなギターが出来ないかな?
 とチャレンジしてみたんですが、
 失敗したような気がする(^_^;)
ma3.jpg
 細かいポリゴンの曲線も途中で諦めちゃってます(汗

■可愛いギターというのは、
 魅力的だと思うんですが、
 それが弾き易いかどうかはまた別問題でしょう。

 音なんて、当然3DCGのデザインからなんて見えてきません。
 
■でも、レモンギターやパイナップルギターや、
 ブドウギターとか、
 あったら楽しいですよね(^_^) 
  1. 2006/12/04(月) 00:03:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

えふれす

FL1.jpg
■ジャガーにマスタング、モズライトにグレッチ、
 タルボにローランド、リッケンバッカーと、
 まだまだ作るべきギターはたくさんあるんですが、
 そろそろ飽きてきたのでオリジナルギターに移ります(^_^)

■と言うか、
 例えば、ギターをフルオーダーして作ろうとすると、
 ミュージシャンでもない限り、
 とんでもないお金がかかるものなんですが、
 CGだったら、ほぼ無料(ソフト代は別ですけど)というわけで、
 オリジナルデザインを作ってみようと。
FL3.jpg
■というわけで第一弾、
 「僕が今一番欲しいギターは?」
 という発想でデザインした"Fレス"です。

■輪郭の基本はレスポール。
 エッジのRを強くして、ボディは薄めに、
 少し輪郭線を変えてます。
 ストラト風のカットウェイをつけて、箱鳴り感が欲しかったので
 "Fホール"を一つつけてます。
 ボディとしては、ハウらない程度に軽く。
FL2.jpg
■アームには興味がないので(使わないし)
 シンプルなブリッジで。
 ピックアップは、
 ハムバッカーをリアに、少しパワーの強めなシングルをフロントに、
 コントロールは
 ボリュームノブのみで、トーンはギターの特性に任せます。
 お気づきだとは思いますが、指板はローズウッド好きということで(笑

■レンダリングしてみたら、なんだかヌルっとしたデザインになっちゃいました(^_^;)
 なんだろ?、Rをつけずに輪郭をはっきりさせるために
 エッジにインレイを引いた方が良かったのかもしれないですね。
 もうちょっと細かい装飾をつければ、高級感が増すなぁー・・と反省。

■つか、やっぱほとんどレスポールスタジオと印象が違わないかも(^_^;) 
  1. 2006/12/03(日) 00:38:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

すとらとてれ

st1.jpg
■エレキの代名詞F社のストラトです。
 ギターというと、このカタチに慣れすぎていて
 悔しい限りなのですが、
 確かにこのデザインは完成度が高いです。
 つーのは、少しでもラインを崩すと
 ストラトにならないんですよね。
st2.jpg
■テレキャスターは、定番の色にしてみました。
 この色、友人のミツユキくんが持ってまして、
 芝居で小道具として使いました(笑
 
st3.jpg
■この二つのギターを持ってるミュージシャンは
 枚挙に暇がありません。
 プロのギタリストだったら、絶対一本は
 どちらかを持ってますもんね。

st4.jpg

■んで、モデリング的には
 そんなに難しくはありません。
 いや、ストラトのジャックだけは特殊なので、
 ここだけは難しいかも。

■あー、あとテクスチャーもちょっと失敗してますね(^_^;)
 意外と失敗してるかも・・・st5.jpg

■それよりも、
 面取りや、作りこみなど、
 どこまで作りこむかの葛藤になるかも。
 
 ちなみに全データ△で15000ポリを目安に作ってる感じです。
  1. 2006/12/02(土) 00:26:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

すたば

SB1.jpg

■略すと喫茶店(この言い方古い?(^_^;))
 みたいになっちゃいますが、違います。

■スタインバーガーは1970年代に、
 ネッド・スタインバーガーによって設立されたギター・ブランドです。
 ノーベル物理学賞を受けたジャック・スタインバーガーを父に持ち、
 工業デザイナーであった彼は、レオ・フェンダー以来と言われる革命を
 楽器の世界に起こします。

■スタインバーガーはサウンドの向上を目的とした、
 グラスファイバー樹脂でベースを作り出しました。
 それまでも木材以外で作られた楽器は多くありましたが、
 重量と音質のバランスがとれず成功した例はありませんでした。 
 そこで考案されたのがグラスファイバーです。
 確かに見た目からは想像出来ないくらい、このギターは良い音が出ます(引用)SB4.jpg
■というわけで、このギターは本来はかなり画期的なものです。
 デザインも、材質も、システムもそうです。
 このギターを見たとき僕も目から鱗が落ちる思いでした。
 何より、このギターが凄いのは、これだけ画期的なデザインにも関わらず
 音質を無視していないという点です。
 
SB3.jpg

■にもかかわらず、日本じゃあまり受けませんでした(^_^;)
 今、TVなどのメディアで見ることが出来るのは
 モト冬樹氏か、チャンバラトリオさん達ぐらい・・

■おそらく、問題点は3つほど。

 ①「三味線的に地味である」
 日本人には見慣れすぎていて、このデザインに凄さを感じないんすね。
 ②「小さいわりに値段が高い」
 こなれていない素材の宿命です。
 ③「そして実は弾きにくい」

 ギターを弾くとき右利きの人の場合、
 右の二の腕でギターを固定します。
 座って弾くとき、太股の上でギターを支えます。
 また人によっては、右の小指をギターのボディに添えます。
 人間というのは不思議なもので、感覚でモノを覚えてしまうので、

 多くの人はスタバに慣れないとミスピックを犯すそうです。

SB5.jpg
■値段が高くて、音に年月がなくて、地味で、弾きにくいとなれば
 軽くて、演技に支障がなくて、それなりにプロの機材じゃないと駄目な
 芸人さんにしか支持されなかったのかもしれません。
 だけど、それはスタインバーガーというギターとしては不運だなぁ。。と思います。
 (もちろん、今スタバの中古品はほとんど手に入りません。
 出てもすぐに売れてしまうからです。つまり支持してる人は多いわけですが)
 
 んで、だったら弾き安くすればイイんじゃね?
 というのが後半二つの"すたばみつまつオリジナル"です。
 つっても、既成のギター型の枠をつけただけですけど(^_^;)

■モトネタはYAMAHAのサイレントギターです。
 これで少しは弾きやすくなり、なおかつ"着せ替え"が楽しめる(笑
 デザイン的にはスカスカで、何か機能的な必要物を付加して埋めれば良いと
 思うのですが、いかんせんデザイン的なセンスがないので
 今回はここまでとしました。この発展形はもう少し考えたいですね。

  1. 2006/12/01(金) 00:38:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。