ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

指パク

■3Dデータのモーフというのは頂点情報の加算減算を言う。
 つまり、ジャンケンのグーからパーの形に移行するとき、
 指を開いていくのではなく、マトリックスのように直線的に変形する。
 これを避けるために、アニメで言うところの"中割り"を入れるわけだけれど、
 この中割りの付け方がモーション付けの要となる。

 つか、3DCGアニメーションで動きをつけるということは、
 2Dのアニメと何も変わりはなくて、その瞬間瞬間の動きを
 いかに把握しているか?という能力に依存する。

■という前置きを書いて、
 僕はOpenGLでのスキンアニメーションの方法を知らない。
 なので、DirectXでプロトタイプを作り始めてみようと思い立って、
 LWでのモーションをXファイルで書き出す作業を始めたのだけど、
 
 久しぶりにDirectXを触り始めて、嫌なことを思い出した。

 「DirectXのアニメーション関数って未実装だったからヤめたんじゃん」
 「DirectXって、バージョンが少しでも違うと環境によって互換がなかったんじゃん」
 
■たぶんコーディングとしては、DirectXで再生するKeyFrameを
 指定した方が簡単だと思ったんだけど、
 なんかいきなり暗雲が立ち込めました(^_^;)

■じゃあ、OpenGLなのかにゃー?
 アニメーションをどうやって実現するかにゃー?
 と考え始めて、

■実験で作ったのがこのソフト。

 http://homepage3.nifty.com/mitsumatsu/yubipaku.lzh(645kb)

 いわゆるキー入力でQ7さんのミクが口パクします。
 アナログソフトです、これだったら危険はないので公開します(笑
 問題があったらすぐ消しちゃうかもしれないですけど。

 触るキーはXCVBNの五つだけ、KeyDownで画像を入れ換えて、
 KeyUpで閉じた状態に戻しちゃうんで、ここは使い勝手が少し悪いかも。

 ちなみに、これで「ミラクルペイント」に合わせてプレイしてみましたが、
 口が合うトコは気持ちいいでした(^_^;)

■画像とか、踊りとか、もう少し詰めたら"気持ちの良いソフト"になるよーな
 気もしますが、
 こーゆーのは、絵師さんとか、振付師さんとかとのコラボがないと
 難しいので、まあ保留です。ただ作ってみたよー・・・ってだけのものです。
 
 ガンダムと同じで、キーボードで人形を素早く動かすインターフェイスで
 あまり優秀なモノを聞いたことがないんですよねー。

■てな感じで、うーん、、どーしよっかなー・・・
 と、悶々としています(^_^)
スポンサーサイト
  1. 2007/11/26(月) 22:39:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。