ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豆タン

■また立体造形でやす。
 3DCGの新しいネタを捜してる人はゴメンナサイ(^_^)
それにしてもいい加減安いデジカメ買うべきかなー。。。

 タチコマを複製してたらシローマサムネデザインに挑戦したくなって
 作ってみたボナ9であります(漫画だとボナ10じゃないんですね)
 無限軌道とシャーシのバランスを失敗しましたね、シュン(-_-;)
F1000078.jpg

■製作方法は、3Dモデルをローポリゴン化して(ラインだけはそのまま)
 ペパクラのように展開した後、原寸大の大きさで
 シールにプリントアウト、
 プラ板に貼り付けて、切り抜いて、組み立てて造形。
 
 砲塔などの曲面に関しては、スカルピーで造形して削り出し。
 
■それにしても、プラ板で組み込むまでは良いのですが、
 その後パテなどを盛り付けて曲面を削り出すのが
 やはり難しいです。
 つか、"左右対称"が出せません。

 3DCGでは鏡面ミラーのボタン一発で出来る作業が
 立体だとモノスゲー時間かけて、出来ません(´Д⊂)

 立体で左右反転する技法を思いついたら「ノーベル賞」ものですか?
 (つか、そんなものにノーベル賞はくれませんか?)

■「右の角を削って、眺めて、左の角を削って・・・」
 という作業を繰り返していると、自宅で髪を切っていた子供の頃を
 思い出すんですが、
 いまどきのPCを使えば、「自動散髪機」なんて出来そうですね(閑話休題)

■台の粘土を使わずにシリコン型の両面取りができないかな?
 と試してみたんですが、出来ますね。
 多少、シリコンを剥がす時がキツイですけど。

■あと、パーツ分けをどーせするなら、色分けですべきでした。
筆塗りもツライなー(笑
 かといってエアブラシ使うほど、色塗りしませんしねー。 
F1000076.jpg


■今回、インクジェットプリンタ用のデカールを買ってきて挑戦してみたんですが、
 これが無茶苦茶苦戦。
 まず、トップコートは盛大に吹かなきゃ、インクが溶け出す溶け出す・・
 PC用のインクジェットって水溶性なのねー。
 デカールは難しいですねー。
 という備忘録

■ところで余談ですが、
 先日の名古屋3D飲み会で、渡辺さん相手に

「TANKSWATのようなコンテンツの売り方はこれからの準主流に
 なると思うんですよねー」と偉そうに語っていたら、

 ボナパルトをモデリングしたのは渡辺さんでした
 なんだ、それなら最初からそう言ってくれれば良いのに・・・(^_^;)
スポンサーサイト
  1. 2006/05/18(木) 23:36:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

>PC用のインクジェットって水溶性なのねー。
モデラーのデカールにはアルプスのMDシリーズにボークスのデカールシートが主流ですぜ。
いつなくなるか判りませんが、、


  1. 2006/05/19(金) 09:07:46 |
  2. URL |
  3. dokon #-
  4. [ 編集]

>モデラーのデカールにはアルプスのMDシリーズに
>ボークスのデカールシートが主流ですぜ。

そうなんですよねー(^_^)
何よりアルプスはクリアの上に白が出せるのが魅力的なのですが、
使用頻度上、デカールのためだけに購入するには至りません(笑
インクリボンは"金"や"蛍光色"も出せるので、
アルプスが死んでも、他の小規模メーカーが出すと思いますですよ。

今回は、K-Tradingのホワイトデカールを使ってまして、
ベース色を塗布して白抜きするという手法が通用するかな?
と試してみたです。
その上にトップコートを吹いて、隠蔽するかを試してみたかったわけですが、
白地は上手く行きましたが、黒地が溶ける溶ける・・・(^_^;)

ちなみに、ロゴだけだったら
古いワープロで印字出来たかもしれないと思うんですが、
みんな捨てちゃったのが悔やまれます(´Д⊂)
  1. 2006/05/20(土) 00:18:29 |
  2. URL |
  3. みつまつ #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mitsumatsu3d.blog27.fc2.com/tb.php/35-c8e86ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。