ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

指パク

■3Dデータのモーフというのは頂点情報の加算減算を言う。
 つまり、ジャンケンのグーからパーの形に移行するとき、
 指を開いていくのではなく、マトリックスのように直線的に変形する。
 これを避けるために、アニメで言うところの"中割り"を入れるわけだけれど、
 この中割りの付け方がモーション付けの要となる。

 つか、3DCGアニメーションで動きをつけるということは、
 2Dのアニメと何も変わりはなくて、その瞬間瞬間の動きを
 いかに把握しているか?という能力に依存する。

■という前置きを書いて、
 僕はOpenGLでのスキンアニメーションの方法を知らない。
 なので、DirectXでプロトタイプを作り始めてみようと思い立って、
 LWでのモーションをXファイルで書き出す作業を始めたのだけど、
 
 久しぶりにDirectXを触り始めて、嫌なことを思い出した。

 「DirectXのアニメーション関数って未実装だったからヤめたんじゃん」
 「DirectXって、バージョンが少しでも違うと環境によって互換がなかったんじゃん」
 
■たぶんコーディングとしては、DirectXで再生するKeyFrameを
 指定した方が簡単だと思ったんだけど、
 なんかいきなり暗雲が立ち込めました(^_^;)

■じゃあ、OpenGLなのかにゃー?
 アニメーションをどうやって実現するかにゃー?
 と考え始めて、

■実験で作ったのがこのソフト。

 http://homepage3.nifty.com/mitsumatsu/yubipaku.lzh(645kb)

 いわゆるキー入力でQ7さんのミクが口パクします。
 アナログソフトです、これだったら危険はないので公開します(笑
 問題があったらすぐ消しちゃうかもしれないですけど。

 触るキーはXCVBNの五つだけ、KeyDownで画像を入れ換えて、
 KeyUpで閉じた状態に戻しちゃうんで、ここは使い勝手が少し悪いかも。

 ちなみに、これで「ミラクルペイント」に合わせてプレイしてみましたが、
 口が合うトコは気持ちいいでした(^_^;)

■画像とか、踊りとか、もう少し詰めたら"気持ちの良いソフト"になるよーな
 気もしますが、
 こーゆーのは、絵師さんとか、振付師さんとかとのコラボがないと
 難しいので、まあ保留です。ただ作ってみたよー・・・ってだけのものです。
 
 ガンダムと同じで、キーボードで人形を素早く動かすインターフェイスで
 あまり優秀なモノを聞いたことがないんですよねー。

■てな感じで、うーん、、どーしよっかなー・・・
 と、悶々としています(^_^)
スポンサーサイト
  1. 2007/11/26(月) 22:39:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

DirectXについて情報をば…(^-^)

DirectXは下位互換性が保障されていますので、
例えばDirectX9がインストールされている環境では
DirectX8用のソフトも動きますよ。DirectX10は
Vista専用となっているので、今は9で作ればいいかも知れません。

それと、DirectX9以降ではID3DXAnimationController等の
クラスを利用して、アニメーションの補間が出来るようです。
例えば、Xファイルで「歩く」と「走る」の2トラックのアニメーションを
作っておいて、それらをソフトで読み込んで「歩く」から「走る」へと滑らかに
遷移できるみたいです。

テクスチャーアニメーションだと、テクスチャー座標をずらすだけで
済みそうですね。
  1. 2007/11/27(火) 00:27:46 |
  2. URL |
  3. ピエール@ToyStudio #ftr86F3A
  4. [ 編集]

DirectXの情報ありがとうございます>ピエールさん(^_^)

>DirectXは下位互換性が保障されていますので

あ、いえ Bolandで開発してる僕の環境問題という側面が
あるのです(^_^;)
いわゆるランタイムライブラリの問題と言いますか・・・
http://mitsumatsu.blog33.fc2.com/blog-entry-56.html

PCを使うのは、子供からお年寄りまでですので、
こーゆー、PC的なワズラワシサが個人的に嫌いで、
故に、DirectX=マイクロソフトって、個人的に嫌いなんです(笑
(ここを解消しようとVC++も買ったのですが、結局使いこなせてません)

> それと、DirectX9以降ではID3DXAnimationController等の
> クラスを利用して、アニメーションの補間が出来るようです。

これは嬉しい情報です、ありがとうございますー(^_^)
早速、調べて試してみます。
簡単にこれが出来れば、モーションの連結は楽ですよねー。
しかし、マイクロソフトだしなー・・・(笑
  1. 2007/11/27(火) 01:28:31 |
  2. URL |
  3. みつまつ #JalddpaA
  4. [ 編集]

プログラムですが「VCL50.BPLが見つからない」というエラーがでます。
BC++5のランタイムを入れると動作するようです。
とりあえずご報告までを…

モーフィングは単なる線形補間なので自力でインプリメントしても大して難しくないと思います。
  1. 2007/11/27(火) 18:50:05 |
  2. URL |
  3. sio29 #-
  4. [ 編集]

>プログラムですが「VCL50.BPLが見つからない」というエラーがでます。
>BC++5のランタイムを入れると動作するようです。

うわっ、久しぶりにBoland使ったら
VCLのパッケージをリンクすること
すっかり忘れてました。
御報告ありがとうございますm(__)m
言い訳をすると、ノートPCで試して安心してたんですが、
ノートの方にもBoland入れてたのでした(汗

というわけで修正致しました、御報告本当にありがとうございました>sio29さん。

>モーフィングは単なる線形補間なので
>自力でインプリメントしても大して難しくないと思います。

いやいや、それはsio29さんだから難しくないんです(^o^)
とまあ、それもあるんですが、
最終的に、気軽に3Dデータを音楽に合わせて躍らせたいなぁー
と考えると、モーションのデータを用意するのも、
キーフレームを扱うのにもDirectXが適しているのかなぁ?
と思ったりもしてるんです。

オブジェクト指向(死語ですか?(^^;))もしくはカプセル化で
3Dアニメーションを作り上げるというか、
データの共有化が図れるのは、Xファイルがフォーマットとしては
良い線行ってるとは思うんですが、
なにせDirectXだしなー・・・という感じです。
  1. 2007/11/27(火) 21:10:47 |
  2. URL |
  3. みつまつ #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mitsumatsu3d.blog27.fc2.com/tb.php/74-1b580104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。