ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

閑話休題高速道路の作り方

■高速道路を作る手順を
 自分の中で再生してみると
 次のようになる。(LWでのモデリングです)

 1-ガイドとなる曲線を敷く
 2-橋脚を作る
 3-道路の外枠となる平面を作る
 4-曲線をガイドに橋脚を複製する
 5-曲線をガイドに押し出しで道路を敷く
 6-出来上がり

highway_test.jpg

■このワークフローの中で、
 人の手がはいる所はどこか、自動化出来るところはどこか?

 曲線を敷く「1」は、人の手でなければならない。
 「2」「3」はモデリングデータを用意しておければ良い
 「4」「5」は多少人の手がコントロール出来る様
 オプション化が必要かもしれない。

■とすると、メタセコで「曲線」に代わるガイドが
 あればプラグイン化は可能かもしれない。
 というか、もうすでに存在するプラグインで
 この作業は容易いかもしれない。

■けど実は、高速道路っていうのは、「登り口」と「降り口」が
 なければならない。いわゆるIC(インターチェンジ)だ。
 これを実現化する方法が思いつかなかった。
 
 数パターンのICのモデルデータを用意することは出来る。
 しかし、それをどう整合するのか?
  
■もう一つは、調子にのって
 こういうデータを作ると、すぐにポリゴン数が
 多くなってしまう。そのときのメモリの問題をどうするのか。

 
スポンサーサイト
  1. 2009/10/23(金) 16:10:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mitsumatsu3d.blog27.fc2.com/tb.php/83-224bbb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。