ms_3d

3DCGに関するあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MMDとシティジェン

■2年ぶりの更新です。
 もう誰もこんなとこ見てないだろ(^o^)
 
■実は先日、銀匙さんという方からメールをいただきまして
 オレCityGenに関して、メールのやりとりを
 させていただいております。

 まあ要は
 「MMDでCityGenは使いやすいツールですよ」
 ということで、
 都市や地形をアクセサリーとして作るという目的での
 CityGenに需要があるのなら、
 もう一度作り直してみようかなー・・・・
 と思ってポロポロ
 モデリングしてます(^_^;)

MMDはすごいっすね、
 作り手の熱さと、生産効率の高さ、
 昔の僕の情熱があったら・・・・
city.jpg
 
■で、忘れるとイケナイので覚書

○512m*256m*8枚
○車線は 12m/24m

○地形図は8パターン

○建物オブジェクト

 高層オフィス(50階/150m-200m)*4 /
 高層ホテル(30階/100m)*2 /
 高層マンション(30階/100m)*2 /プラ○ドタワー亀戸・西早稲田○ティタワー
 低層ホテル(15階/20m-30m)*1 /
 低層テナント(10階/20m-30m)*6 /
 低層デパート(10階/30m)*1 /
低層マンション(10階/20m-30m)*2 /

 ☆広告*?

※コンビニ・ガソリンスタンド
  野球場・電波塔・寺社仏閣・城郭
  図書館・劇場・公園・駅・線路・河川・高架

○プラグイン作成の手順

①地面を作る
②建物を作る
③建物を配置する
buil.jpg

④プラグイン化

■それにしても、やっぱり
 テクスチャー描くのが面倒なのだよなぁ
 オイラ絵心がなくて・・・
 誰かアニメ調のカッコイイ建物のテクスチャ
 描いてくれないかなぁ・・・(´Д⊂)

■と久しぶりにモデリングをしはじめたら
 また、お仕事モデリングが入ったりして、
 まあ、でもゆっくり進めて行きましょう。
  1. 2009/10/02(金) 23:17:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ちょっと休憩

■3Dのお手伝いが入ったので、
 しばらくプログラムの更新はお休み致しますですーm(__)m
  1. 2007/11/28(水) 23:11:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指パク

■3Dデータのモーフというのは頂点情報の加算減算を言う。
 つまり、ジャンケンのグーからパーの形に移行するとき、
 指を開いていくのではなく、マトリックスのように直線的に変形する。
 これを避けるために、アニメで言うところの"中割り"を入れるわけだけれど、
 この中割りの付け方がモーション付けの要となる。

 つか、3DCGアニメーションで動きをつけるということは、
 2Dのアニメと何も変わりはなくて、その瞬間瞬間の動きを
 いかに把握しているか?という能力に依存する。

■という前置きを書いて、
 僕はOpenGLでのスキンアニメーションの方法を知らない。
 なので、DirectXでプロトタイプを作り始めてみようと思い立って、
 LWでのモーションをXファイルで書き出す作業を始めたのだけど、
 
 久しぶりにDirectXを触り始めて、嫌なことを思い出した。

 「DirectXのアニメーション関数って未実装だったからヤめたんじゃん」
 「DirectXって、バージョンが少しでも違うと環境によって互換がなかったんじゃん」
 
■たぶんコーディングとしては、DirectXで再生するKeyFrameを
 指定した方が簡単だと思ったんだけど、
 なんかいきなり暗雲が立ち込めました(^_^;)

■じゃあ、OpenGLなのかにゃー?
 アニメーションをどうやって実現するかにゃー?
 と考え始めて、

■実験で作ったのがこのソフト。

 http://homepage3.nifty.com/mitsumatsu/yubipaku.lzh(645kb)

 いわゆるキー入力でQ7さんのミクが口パクします。
 アナログソフトです、これだったら危険はないので公開します(笑
 問題があったらすぐ消しちゃうかもしれないですけど。

 触るキーはXCVBNの五つだけ、KeyDownで画像を入れ換えて、
 KeyUpで閉じた状態に戻しちゃうんで、ここは使い勝手が少し悪いかも。

 ちなみに、これで「ミラクルペイント」に合わせてプレイしてみましたが、
 口が合うトコは気持ちいいでした(^_^;)

■画像とか、踊りとか、もう少し詰めたら"気持ちの良いソフト"になるよーな
 気もしますが、
 こーゆーのは、絵師さんとか、振付師さんとかとのコラボがないと
 難しいので、まあ保留です。ただ作ってみたよー・・・ってだけのものです。
 
 ガンダムと同じで、キーボードで人形を素早く動かすインターフェイスで
 あまり優秀なモノを聞いたことがないんですよねー。

■てな感じで、うーん、、どーしよっかなー・・・
 と、悶々としています(^_^)
  1. 2007/11/26(月) 22:39:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ふぁー・・・やっと

hachu.jpg
■複数トラックにも対応して、
 画像の描画に漕ぎつけました(´Д⊂)
 子音は確認用のもの、素材は 

 「Q7」さん
 http://toinana.sakura.ne.jp/
 の可愛いミクを勝手に使わせていただきました、感謝ですm(__)m

■これでやっと気分良く 年を越せそうです(^_^;)
 しかし、ホント悪戦苦闘するなー>オレ。
 
■ただ、まだよく解ってないトコは、
 BPM120で、1小節2秒(2000msec)、BPM60で1小節4秒(4000msec)
 vsqではテンポに関わらず、1小節1920という数字ということは、
 
 BPM120では、1秒間に960 インクリする必要があるわけで、
 描画のタイミングは1000分の0.96秒ということになる????
 
 なのだけれど、c++builderのTimerは整数しか指定出来ないし、
 そもそも、1/1000秒の挙動はオカシイ。
 WinAPIか?
 うーん、メンド臭いにゃー。。。
いや、出来たモノを見てる限り、そんなに厳密でなくても
 アニメの認知は出来るんですよねー。

■というわけで、後はAVIの吐き出しの実装に成功したら
 3Dに移行しちゃいましょう(^_^;)
 まあ、そもそも口パクアプリは
 ミクちパクさんや、Naoさんの方が優れてますから公開する気は無かったのです。
 実は、自分用のテクスチャaviを作るためのミドルウェア開発だったのでー(笑

■さて、これから3Dへ移行するための
 todo

 ●口パク用3Dオブジェクトの製作。
 ●DirectXならXファイルの製作。
 ●OPenGLだったら、mqoファイル読み込みの見直し。
 ●そもそも、OpenGLでモーフ(加算減算)が出来るのかの検証。
 ●オマケとして、bvhの入出力の研究。

 うわー、僕にとっては確実にオーバースキルっす。
 年越すな・・・絶対(´Д⊂)
 

  1. 2007/11/23(金) 23:40:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

逃避の妄想

■さて現実逃避で今夜も更新(^_^)
 
 任天堂Wiiのデバイス"WiiFit"のCMを見るにつけ、

 「ツーコン足して、少なくとも
 これで両手足の制御は可能じゃね?」

 と思います。

■モーションキャプチャに最低限使うポイントは、
 頭・首・両肩・両肘・両手首・両指・腰・両腿の付根・両膝・両足首・両足爪先
 の20ポイント。

 Wiiの赤外線感知で、アバターを自分の動きで躍らせるゲームというのは、
 近いうちに出てくることでしょう。
 Meeだったら、もっとポイントは簡略化出来るかもしれません。
 
■でも、ミックミクとニコ動のムーブメントを見てしまった我々は、
 モニターで踊る、アバターを見るだけじゃ我慢出来なくなりますよね(^_^)

 自分でキャラクターを作って、それを躍らせて、
 動画に出力して、動画ソフトでレタッチして、全世界に向けて配信する。

■コストパフォーマンスの高い簡易な民生のモーションキャプチャ、
 それは近い将来出来上がると思います。

 「やったぜ、これで手持ちのゲーム機で、ボーカロイドが踊るぜ!」

 でも、この先をさらに妄想すると、
 多くの人が凹んでいる姿が目に浮かびます。
 理由は簡単。

 カッコイイ踊りが踊れて、振り付けが出来る人って、
 そんなに多くないんです。これは僕の学生演劇時代の経験です(^_^;)

 あなたはEXILEみたいに踊れますか?
 少なくとも 僕は自信を持って踊れないと断言出来ます、エッヘン。

■でも、もし、
 "踊りを出力出来るゲームソフト"が、BVHを出力出来たらどうだろう?
 と考えます。

 WEBの中には、"ダンス職人"と呼ばれる人達のデータが巡り始めるわけです。

 これも経験則なのですが、
 ダンスってビートさえ合っていれば、
 意外とどんな曲にも合ってしまいます。
 (もちろん振付り起承転結は無視されちゃいますけど)

■曲のデータが存在する。
 3Dのオブジェクトデータが存在する。
 ダンスのデータが存在する。
 他のデータが存在する。

 これらをポンポンと放り込んで、
 ボタンをポチポチっと押して、
 カメラの位置を指定したら、
 3DCGライブ映像の出来上がり。

■3DCGのアニメーションレンダリングソフトというのは、
 性格上 仕方なく
 「0から100の映像を作る」というモノなわけですが、
 
 「80から100の映像を作る」という発想のソフトが
 多くの人から支持されるのではないかとボンヤリ妄想したりしました。

■初音ミクって、そんなソフトのような気がするんですよね。
 それにしても、ホント、
製作者の人は意識してるのかどうか謎なんですけど、
いろんなトコを刺激してくる 不思議なソフトだと思いますです(^_^;)
  1. 2007/11/21(水) 23:52:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。